査定時に交渉なんて必要ない?

車の査定に交渉なんて必要ない!
と思っている方も多いと思いますが、それは大きな間違いです。

車はゲームやおもちゃなどと違い、
様々なパーツが複雑に絡み合い構成されている精密機械です。

ですので、同じ距離数、同じ年式であったとしても
同じ状態の車とはひとくくりにはできないのです。

つまり車の価値を決定するのは一般の素人では不可能であって、
専門の知識を持ち相場を熟した人のみしか、価値はわからないのです。

交渉の必要性について

確かに個人売買での一般的な相場というのは広く知れ渡っていますが、
個人売買と買取業者を利用した売却だとリスクが違ってきます。

あなたが買取業者だとして、
相手が価値がわからない素人だとすると、
あなたはどうしますか?

もちろんできるだけ利益を得るために安く買い取ろうとしますよね。
そして、あたかもその買取価格が全うであるかを説明しますよね。
これが買取業者の全てです。

こういうと悪いように聞こえてしまいますが、
極々当たり前のことなんです。
買取業者も利益がなきゃ会社が潰れてしまいますし、
買取業者がいることであなたも車を売却できるのですから。

ですので、査定時の交渉は必然的に必要となってくるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ