査定額交渉のテクニック

出張査定に伺った査定士をお迎えするとき、あなたはどうしますか?
実はこの時から交渉ははじまっているのです。
査定額が決定するまで全てが交渉となります。

・あなたが買取業者を出迎えるとき
・査定士が査定をしているとき
・最初の提示額を言い渡されたとき

 

特に上記の項目は最も重要な部分となります。

あなたが買取業者を出迎えるとき

買取業者が自宅に来てお出迎えする時、
無愛想な印象を与えないようにしましょう。

「暑い中ご苦労様です。今日はよろしくお願いします。」

など、初対面を相手を気遣った一言をかけてあげるとよいでしょう。
買取業者に好印象を与えれると、その後の交渉が進めやすくなります。

買取業者が査定をしているとき

実際に車を査定しているときは邪魔にならないようにしましょう。
そしてタイミングを見計らって、
缶コーヒーなどをお出しするとグッドです。
寒い日はホットの缶コーヒー。
暑い日は喉を潤すためによく冷えたお茶など、
季節も意識して相手を気遣いましょう。

これは非常に大事なことです。

こちらがいい人だなあ。
と思われれば買取業者もがんばった価格をつけてくれます。

最初の査定額を言い渡されたとき

最初に提示される額は99%限度額ではありません。
つまりまだまだ引き上げることが可能ということです。

これまでの布石もあるので、ここでガッチリ交渉に挑みましょう。
例えば、
「B社はいくらでした。ですのでもう少し頑張っていただけないでしょうか?」
などやわらかい言い方で交渉しましょう。

上記のように交渉には流れが重要です。
買取業者を出迎えた時から交渉は始まっていますので、
上記に記載された方法を実践してみれば効果テキメンでしょう!

こちらのページでは交渉の必要性について解説していますので、
一度ご覧ください。
>>査定時に交渉なんて必要ない?

サブコンテンツ

このページの先頭へ