不動車や故障車でも買取可能な業者が増えている

近年では車の部品の需要が拡大しており、
不動車や故障車といった、
車としての価値がないと判断される車でも、
買い取ってくれる業者が増えています。

修復が容易な車はもちろんですが、
ここでは、
修復費用が高額で、乗り物としての価値を失った車のことを指します。

手軽に素人でもカスタムできる外装関係のパーツもそうですが、
車の生命に関わる内部の部品の需要が近年拡大しております。

平成19年度辺りまでは自動車部品産業の業績は増加傾向にありましたが、
その後の世界同時不況で低迷しておりました。

しかし、ここ数年では海外への部品の輸出が増え、
自動車部品産業の業績は回復傾向にあります。

需要が増えた理由

海外への部品の輸出が増えた理由ですが、
単純に日本車に乗る海外ユーザーが増えたことが挙げられます。

海外の自動車ユーザーは、日本の自動車ユーザーよりも車を長く乗りますので、
途中で内部の部品交換なども頻繁に行っています。
日本では車の寿命という10年、10万キロが1つの目安ですが、
海外ユーザーは内部の部品までも取り替え、日本での寿命の目安の倍以上を乗り続けます。

 

ですので部品の需要が増えているのです。
日本製品は質がいいというのは、海外からも広く認知されており、
これからますます部品の需要も拡大してくのでは、と考えられます。

昔は買い取ってもらえず、処分するしかなかった、
不動車や故障車でも、
当たり前に査定額がつくようになってきておりますので、
処分を検討している方は、一度査定に出してみてはいかがでしょうか。

一括査定にて、高く買い取ってくれる業者を探しましょう。
オススメは「車査定比較.com」です。

車査定比較.com 鉄板です!


sateibotan


サブコンテンツ

このページの先頭へ